fc2ブログ

朱色の刻

ゲーム「緋色の欠片」の二次創作小説ブログです。真珠をメインに守護者×珠紀を目指しています。他にも翡翠、悠久、VitaminXなど、NLオンリー乙女ゲーム中心に書いています。

瑞希ルートにメロリンドキュン(謎)+瑞希×悠里SS

2008-02-25-Mon-00:44
久々にビタミンXをやりました。
悟郎ルートと、瑞希ルートをプレイいたしました。
いや…
解っていたんですが。
解っていたんですけどっ!!!
面白いよビタミンXっ!!!!

実は、ビタミンXの主題歌が携帯のアラームの曲というのは周知の事実(マテ)だったのですが、歌だけではなく、もう、もうもうストーリーとキャラクターがたまりませんっ!

ちなみに、今までやっていたのは、聖、一、清春です。
一番は清春でした。
彼のなんというか…こう、小悪魔というか大悪魔具合にやられていたわけなんですけど…でもっ、でもっ!!!!


瑞希が…ねぇ、こう、可愛いんですよっ。
可愛がられているフリをしながら、悠里を観察して、その可愛さに密かに楽しみを覚えているあたりなんか…
あぁぁぁどうしてくれようかと。
前回、悟郎×悠里SSも書きましたが、瑞希×悠里SS…書いてしまいました。
本当、短いですけど。
本当に本当に短いですけど…

それでも、読んでやろうって暖かいお心の方は、このまま↓へとお進みくださいー


本当に、短いですよー






=================================





【水色の風。】(瑞希×悠里)











 何故これほどまでに気になるのか。
 何故これほどまでに視界で追ってしまうのか。
 気づいていながら気づかぬ、この感情の名を、僕は、知らない。







「いい?ここはしっかりと覚えてねっ!」
 他の人とは違う言葉で、他の人とは違う感情を向けられて、逃げても逃げても追いかけてきて、一緒に居るだけで暖かな気持ちになっていた彼らとは違い、強引に入り込むその姿を、いつの頃からか、心待ちにしている自分が居た。
「聞いているの?瑞希君」
 コロコロ変るその表情や、真っ直ぐ瞳を見つめるその眼差しに、ふとした瞬間に心が温かくなって、もっと見たくて、もっと知りたくて、もっともっとと求めてしまって。
「………………聞いて、ない」
「聞いてるじゃないのっ!」
 もっと自分を見て欲しい。
 もっと自分を知って欲しい。
 追いかけて欲しい、語りかけて欲しい、笑って欲しい。
「もう、もう一回言うから、今度はちゃーんと聞いてね?」
「……………」
「…瑞希、君?」
「……………ぐぅ」
「またーっ!?」
 嘘。
 寝たふりだと。
 気づかないように笑みを浮かべ、それでも去らない温もりに、心地よさに、優しい声に、満たす安心感に。
「…………………よ」
「え?」
「………………ぐぅ」
 今はまだこのままで。




==============================
あとがき。

明日には、もっと短い瑞希×悠里SSがアップされるかもです。
というか、VDSSのツヅキ書こうね。アンソロ用の原稿もね。春コミの原稿はしっかりと、奥付やフリートークや表紙もやらなきゃね。
……………テスト前に掃除がやりたくなる。そんな気分です。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME